競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    
■ヴィクトリアマイル 回顧
古馬牝馬によるマイル女王決定戦!GⅠヴィクトリアマイルが行われ、4番人気ソダシが勝利した!
中距離GⅠ馬のレイパパレ・アカイイトの参戦や、三冠牝馬デアリングタクトが1年振りにターフに戻ってくるなど、過去最高のメンバー構成となり、大きな注目を集めた一戦であった。
注目を集めた馬達は明暗を分ける結果となったが、白毛のアイドルホースが素晴らしい走りを見せ、復活のGⅠ3勝目を飾った。
 
前日までの降雨の影響が心配された東京コースであったが、馬場の渇きが早く、高速馬場に近い状態に回復していた。マイル戦としては逃げタイプの馬が少なく、中盤がやや緩んだペースとなり、先行有利といえる展開てはあったが、ラストは東京競馬場らしい上りの勝負となった。
逃げたローザノワールがゴール寸前まで粘り込み、先週に引き続き最低人気馬が馬券圏内に入る大波乱と思わせた。この馬が4着に残る展開では、外からの一気差しは到底無理であっただろう。
勝利したソダシは終始スムーズに追走し、直線も手応え良く外に出し、全能力を発揮できた事が一番の勝因と言える。能力上位ながら不利があり、勝利には至らなかった馬も何頭かいたが、マイルで2馬身の差を付けての勝利は圧勝といえる。
ソダシの勝因や有力各馬の敗因は後半にまとめてみたので、今後の参考になればと思います。
競馬リポートでは
・本命馬
・追い切り調教診断推奨馬
の2つを公開していたのでしっかりとこの2つのコンテンツについてレース終了後の回顧を行いたいと思います。
■推奨本命馬について
本命に推奨したファインルージは2着に好走した! メンバーレベルの高い一戦で、GⅠ未勝利馬での3番人気は、やや人気になり過ぎな感はあったが、ポテンシャルの高さを改めて感じさせる素晴らしい戦いであった。
・1週前の追い切り不安を一掃させた当日の気配!
正直1週前追い切りは不満の残るものであった。前進気鋭があまり感じられず、直線で追い出されての反応も悪く、併走馬を交わすのに苦労していたように感じた。
しかし、最終追い切りでは一変した姿を見せていた。前進気鋭があり、追い出されてからの反応も前週とは全く違い、キレのある動きへと変わっていたのだ。
中間はノーザンファーム天栄での調整を挟んだことで、馬体のケアも十分にされ、競馬に向かう態勢の下地は整っていたのであろう。1週前に負荷をかけた事で馬にスイッチが入り、上々の雰囲気でレースに向かう事が出来ていた。
16キロ増であった前走は、爪の不安で仕上がり途上であったのは間違いない。当日は馬体も10キロ絞れ、パドックでの雰囲気はかなり良く映った。
・不利を克服しての2着で能力の高さを証明!
スタートを決め、折り合いも抜群で好位置をキープしていた。やや遅めのペースであったが手応えは素晴らしく、文句の付け様がない絶好の道中の走りであった。
直線は外に出し追い出しを我慢させていた。これは突き抜ける!と思わせたが、追い出したタイミングで前に居た馬が外に出てきて接触してしまった!反応力に優れた馬ではなく、11秒台前半ラップで推移していた箇所での不利は大きかった。
ルメール騎手も「接触して躓いた。あの大きな不利がありながら、凄い脚で伸びた。2着に来たのが信じられない」とコメントしているほどである。見た目ではそこまで大きな不利とは感じなかったが、騎乗者のコメントからは致命的な不利であった事がわかる。
全能力を出し切ったソダシには2馬身突き放されたが、ファインルージュも大きな不利があっての2着は立派であり、改めて能力の高さを感じた戦いであった。
・今後の大きな期待と小さな課題
ここ2走で速い時計のマイルに対応し、適正の高さを示したが、3歳時には小回りコースで持続的なラップレースでも強い競馬をしていた。古馬になり適正が重視されていくのは当たり前だが、2000mまでならコース・馬場・ペースを問わず強いレースを連発している実績は素晴らしい。
今後のローテーションは未定だが、状態さえ良ければどんな条件でも崩れる事はないであろう。GⅠを取れる高いポテンシャルを持ち、中距離までの舞台であれば、今後大きな期待を抱かずにはいられない馬である。
しかし課題も多少見えてきている。追い切りでもそうたが、多少反応が遅いという欠点がある。前走でも動きたいところで大きな不利を受けているのは、反応の鈍さの影響もある。スッと反応していれば不利を受けない可能性もあったのは事実だ。
不利を被る馬は反応の鈍いタイプが多く、スムーズに走れずに能力を出し切れない。今後は反応の鈍さを解消し、全能力を出し切れるよう成長に期待し、課題として挙げておきたい。
■調教診断からの推奨馬について
最終追い切り最上位評価をしたソングラインは5着に終わった。
当日の気配も良く、蓋を開ければ2番人気と高評価を得たが、3コーナーで躓いた事が大きな敗因である。ラストは素晴らしい脚で馬群に突っ込んだが、2着馬とはクビ・ハナ・ハナ差届かず、勿体ないレースであった。
海外レース参戦後で不安もあったが、追い切りの動きは絶好で精神的な成長も伺えた。ペース的に不利であったが、レース内容は悲観するもてせなく、今後もマイル路線では好勝負必至と見て良い。
東京コースでの末脚比べとなった一戦では、坂路で高ラップを刻んだ馬達の活躍が目立った。勝ったソダシと3着のレシステンシアが該当する。
またウッドでの追い切りでも、ラストで加速しキレを見せていた馬達も好走した。2着ファインルージュと5着であったがラスト迫ったソングラインが該当する。
雨の影響が殆どなかった事で、速いラップを刻める馬が活躍出来た。追い切りで速いラッフを踏める馬は、加速力に優れ、こういった馬場で好走すると考えて良いだろう。
レイパパレやアカイイトは、持続的なラップでの追い切りとなっていたのが馬の本質と言える。マイルが向いていたかは判断出来ないが、高速ラップ馬場への対応力で劣っていたのは間違いないだろう。
勝因と敗因分析
勝利したソダシはスムーズなレースで全能力を発揮出来た事が一番と言えるが、中間の気配が素晴らしかったのも勝因と言える。気性的に難しいところがあり、以前は追い切りでも前半からハイラップで飛ばし、スピードを持続する素晴らしい動きをしていたが、今回の最終追い切りは少し変化があった。
全体時計は前走までより遅く、以前ほどの迫力は感じなかったが、軽く促されて瞬時の反応は今までになく良く映った。馬にとって走りづらいダートを経験し、追い切りや芝のレースで気分良く走れるようになっていたのであろうか…大人になったソダシと表現するのは早いかも知れないが、今回の勝利に繋がったのは間違いない。
人気に推されながら大敗したレイパパレ。スタートで躓き、リカバーするために促された結果、脚を使ってしまった。手応えは悪くなかったが、やや折り合い面での不安も出てしまっていた。近走では落ち着いて走らせる事を覚えさせていただけに、マイルでこの走りをしてしまった以上、今後中距離に戻して以前の走りが出来るか疑問が残る。
速い上がりに対応出来ず、時計のかかる消耗戦で見所はあるかも知れないが、中距離で折り合えて好走していた努力が、マイルで前付けしてしまった事で台無しになったとも言える。大敗も痛いが、マイルを使ってハイラップを経験してしまった事が、今後の大きな代償になる可能性があるだろう。
大怪我から復帰のデアリングタクト。1年以上の休養から戻ってきた三冠牝馬は、中間も足元と相談しながらの調整であった。競走馬としては致命傷ともいえる大怪我は、再びレースに戻れた事自体が素晴らしい事である。ファンの多い馬であり、再び雄姿が見れたのは陣営の努力の賜物であろう。
明らかに調整不足でありながら、見所十分の走りに感動さえ覚えた。ややストライドが小さくなり、痛い思いをした馬の精神的な復活はまだまだと思わせるが、今後は無理せずに一走入魂の姿勢で目標レースに向かって欲しい。
 
今週は3歳女王決定戦!オークスの舞台適正能力が問われる戦いだ!桜花賞上位馬が優勢なのか?別路線からの台頭はあるのか?注目の一戦です!
今週も注目の1頭と追切診断を参考にしていただけたら幸いです。

リアルタイムアクセス
集中サイト

PAGE TOP