競馬リポート

競馬予想サイト「優良」「悪質」を徹底比較!!
口コミ・管理人の検証により楽しい競馬ライフを!!

◆皆様からの口コミ投稿をリアルタイム反映◆一切修正なしのリアルな口コミ投稿が集まっています。

※登録がない予想サイトなどがあればお問い合わせまでご連絡をお願いします。※

    

ジャパンカップの最終追い切りを考察しました。

こちらの出走馬の最終追い切りランク付けして紹介させていただきます。


コントレイル 最終追い切り評価【SS】

栗東坂路 4F 51.0-36.9-23.9-12.0 単走 馬なり

1週前CWで6F76.9-12.3を馬なりで自己ベストを更新と、負荷をかけての最終追切でしたが坂路でこの時計を馬なりで軽々だすのは流石です。
走りに関しても折り合いが付き、真直ぐと駆け抜ける姿勢に好感が持て、終いも11.9-12.0なら素直に好評価です。天皇賞で仕上げてはいましたが、さらに状態を上げてるのではないかと思わせる追切でした。優秀の美を飾れる公算はかなりあると思います。


オーソリティー 最終追い切り評価【S】

美浦南W 6F 84.6-67.8-52.4-38.1-11.6 併せ馬 先着 馬なり

最終追切は気合を表に出し、3頭併せの外を迫力十分に駆け抜けました。
中2週でもこれだけ出来れば文句なしで、状態は前走よりアップしているとは思いますが、詰まったローデでこれ以上テンションが上がらなければ好走も期待でると思います。


アリストテレス 最終追い切り評価【AA】

栗東CW 6F 80.9-64.8-50.1-37.1-11.9 併せ馬 先着 馬なり

1週前併せ馬一杯で負荷をかけ(CW80.9-38.3-12.5一杯)、今週は馬なりも好時計を出しています。
直線を向いた時にやや口向きの悪さを見せたものの、1週前一杯に追われた時計よりも馬なりで同タイムをマークしています(馬場軽かったのかな)。ラスト11秒台とこの馬にしてはキレも見せており、1週前追切で負荷をかけた事で、状態は確実にアップしていると思います。


サンレイポケット 最終追い切り評価【A】

栗東坂路 4F 53.9-39.1-25.1-12.2 併せ馬 併入 馬なり

坂路入口で先行する馬の真後ろら付け、そこから外に出して追い出すという実戦的な形式で最終追切を行いました。1週前ウッドでの追切も同形式でラスト1Fのみ動かす調教でしたが、なかなかの動きを見せています。
天皇賞4着と見せ場十分の走りを見せ、今回2400に延長されるのは好都合の馬ですので、再度好勝負が期待できる1頭と見ています。


シャフリヤール 最終追い切り評価【A】

栗東坂路 4F 53.8-39.0-25.1-12.2 併せ馬 併入 馬なり

1週前までは坂路・ウッド併用で十分乗り込まれ、最終は坂路で馬なりの追切となりました。前走悪い馬場での競馬となりダメージがあったとの事ですが、立て直され追切では良い動きをしていますし、綺麗なフットワークで走る馬で重たい馬場は不向きだったのは間違いありません。今回に仕上に関してはまずまずといったところでしょうか。
人気になる1頭ですが、エフフォーリアに勝ったダービー馬と過大評価され過ぎてる感があります。レース内容はエフフォーリアが断然強いものでしたので、過信は禁物という評価です。


ウインドジャマー 最終追い切り評価【B】

美浦南W 6F 86.7-69.7-53.8-38.7-11.7 併せ馬 先着 馬なり

1週前、最終とウッドで馬なり併せ馬を行い、藤沢厩舎らしい3頭併せの真ん中で馬なりといつも通りの調教過程となっています。
この馬なりに状態は悪くないと思いますが、特別負荷をかけての調教はなく、相手も強いのでどれだけ善戦できるかに今後を占う意味でも様子見の一戦となりそうです。


キセキ 最終追い切り評価【B】

栗東CW 6F 87.6-70.4-55.0-41.0-12.3 単走 馬なり

1週前CW79.8-12.3と一杯に追われ、負荷をかけた上での最終追切でしたが、終始馬なりの軽いものとなりました。もっと動けて良い馬にしては物足りない時計でもあり、G1仕上としては好感の持てない最終追切でした。


グランドグローリー 最終追い切り評価【B】

白井ダート 5F 72.0-56.1-39.8-11.9 単走 馬なり

外国馬のためこの中間は軽い運動に終始しています。コロナ検疫の関係もあり、白井滞在中は軽めの追切ですが、時計になったのは悪くないと思います。
動き自体は物見をしているし、力感もあまり感じないものでした。
東京競馬場に移動して、最終追切をどう行うか…意欲のあるものを期待したいところです。


シャドウディーヴァ 最終追い切り評価【B】

美浦坂路 4F 53.2-38.9-25.4-12.6 併せ馬 併入 馬なり

1週前、最終と坂路で馬なりで追い切られました。常に加速ラップで駆け上がってますので状態面に不安はないでしょう。ただしG1に向けての攻めの追切ではなく、状態キープに専念しているものと思われます。
1週前追切は横山典Jが騎乗しての追切だったので感触は掴んでいるでしょうし、左回り巧者のこの馬で極端なレースをして一発狙っている雰囲気はあります。


ジャパン 最終追い切り評価【B】

白井ダート 6F 86.6-70.3-55.4-41.6--13.7 馬なり

この馬も白井では軽い運動に終始しています。白井ダートでの追切しか出来ないため、外国馬には不利ですが、過去の実績は高く、ピッチ走法で迫力には欠けるもののスピードはありそうなので日本の馬場は向きそうな走りには見えました。東京競馬場に移動後の追切を行うかで取捨の判断をしたいところです。
今季はG1未勝利ですが、引退レースとの情報もありますし、昨年の凱旋門賞で武豊Jが騎乗予定のところ直前に回避という事で、もう一度武豊Jが選んだ馬ですので、良い走りをして欲しい1頭です。


ブルーム 最終追い切り評価【B】

白井ダート 6F 86.6-70.3-55.4-41.6--13.7 馬なり

この馬も白井では軽い運動に終始しています。白井での追切を見ての印象は、飛びが大きくパワーも感じさせるもので、頭の位置も低く追って味がありそうに映りました。
東京競馬場に移動後の追切を行うかで取捨の判断をしたいところですが、少しパワーのいる今の東京競馬場の馬場と、直線の長い舞台で良さそうな点で、外国馬ならコレかなと思います。


マカヒキ 最終追い切り評価【B】

栗東坂路 4F 53.5-39.4-25.6-12.6 単走 馬なり

1週前CWて長めを追切、最終は坂路で馬なり単走で軽めに追い切られました。
スピード感はあまりなく、平均して持続ラップを刻むという内容です。
前走で4年振りの勝利を挙げ、復活したダービー馬ですが、凱旋門賞を使うまでは凄くキレる馬でしたが、凱旋門賞仕様の馬にするための調教で馬が変わり、スピード不足のパワー馬となっている印象は変わりません。
今回もタフなレースのスタミナ比べになれば出番はありそうですが、厳しそうです。


ムイトオブリガード 最終追い切り評価【B】

栗東CW 6F 81.7-65.8-51.2-37.9--12.1 併せ馬 先着 一杯

2週連続でCWで一杯に追われました。
直線を向いて口向きが悪くなりモタモタしていましたが、ムチが入り並走馬に追い付くと一気に突き放し、1Fタイムは12.1ですが、真面目に走ったのは100メートル位で、終いのキレは見せていました。状態は悪くなさそうですが、まだ本調子とはいかず。長期休養明けは惨敗が続いているように今回も厳しい戦いになりそうで。


ユーキャンスマイル 最終追い切り評価【B】

栗東芝 6F 80.8-64.2-49.8-36.4--11.6 併せ馬 併入 馬なり

1週前はCWで長めを一杯に追われ負荷をかけ、最終は芝コースで馬なりとなりました。
先週一杯に追われた事で、軽快な動きでラスト11.6と脚を伸ばしましたが、芝ですのでこのくらいの時計は当たり前でしょう。
中2週で意欲的に追われ、最終芝で流すという悪くないものですが、状態が急上昇したというイメージはありません。
左周り2400で変わり身を見せたいところですが…掲示板がやっとというイメージです。


ユーバーレーベン 最終追い切り評価【B】

美浦南W 5F 68.0-52.7-38.1-11.9 併せ馬 併入 馬なり

1週前、最終とウッドで5F追いで、多少上積みがある程度で大きく変わった印象はありません。
前走大敗は休み明けの分もあり、3歳牝馬で軽量を活かしG1を勝った舞台での好走を期待したいところですが、状態面は絶好調とは言い難く、さらに相手が強くなる今回、状態面の上積みが絶対条件と思うので、上位人気に推されるのであれば危険な1頭という評価にします。


ロードマイウェイ 最終追い切り評価【B】

栗東坂路 4F 53.2-38.8-25.2-12.5 単走 併入 馬なり

中2週のローテのため中間は軽めの調整となっています。
最終追切も馬なりで時計も遅いですが、ラスト12.7-12.5と加速ラップで駆け上がったのは好感が持てます。まだ絶好調という雰囲気はなく、状態キープといった程度なので、苦戦を強いられそうです。


モズベッロ 最終追い切り評価【C】

栗東坂路 4F 52.9-38.3-25.2-12.9 単走 一杯

2週続けて坂路で一杯に追われていますが、特に良化は感じられません。
天皇賞から中2週でこれだけ追い切れるのは元気な証拠ですが、本調子にはない動きでした。ラストも失速ラップとなっていますし、走りにも余力が感じられなく厳しいと思います。


ワグネリアン 最終追い切り評価【C】

栗東CW 6F 83.5-66.6-51.4-37.7--12.4 併せ馬 遅れ 一杯

まず1週前の追切が出来ていない。何かあったのでしょうか。
最終追切も僅かに先行していた並走馬が馬なりで走るなか、一杯に追われましたが、なかなか追い付く事が出来ず遅れてしまっています。
状態は下降気味という感じで一叩きの効果よりも、不安が先立つ調教内容ですので厳しいでしょう。

リアルタイムアクセス
集中サイト

PAGE TOP